2014年10月24日金曜日

ペットソン&フィンドゥスとユニバッケン

こんにちは、mayukoです。

1ヶ月以上も前のことですが久しぶりにユニバッケン(Junibacken)に行ってきました。ユニバッケンはユールゴーデン(Djurgården)にあるスウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)を中心としたお話の屋内テーマパークです。名前のユニバッケンはアストリッド・リンドグレーンの作品のひとつMadicken(マディッケン)シリーズ(邦題:おもしろ荘のこどもたち)で主人公たちが住んでいる場所の名前です。


アストリッド・リンドグレーン

わたしは小さい頃にリンドグレーンの『ロッタちゃんのひっこし』の本が大好きだったこともあり、このユニバッケンもお気に入りの場所。と、いっても、このユニバッケンは基本的に子ども向けの施設。大人が1人で行くにはちょっと勇気がいりますが、まあ、そんなこと気にしません。
建物前にはベビーカーがずらり。

今回の目的は以前、このKOKEMOMO Topicsの『スウェーデンのフライパンとパンケーキ』にも書いたことがあるスウェーデンの絵本『ペットソン&フィンドゥス(Pettson och Findus)』シリーズ著者のサイン会。

このシリーズの最初の作品『Pankakstårta(邦題:フィンダスのたんじょうび)』が発表されたのが1984年ということで、今年はシリーズ30周年。この30周年をみんなでお祝いしよう!ということで、著者スヴェン・ノルドクヴィスト(Sven Nordqvist)のサイン会がユニバッケンで行なわれたのでした。


当日は施設内にあるクイズを解いてまわるイベントなども行なわれていたのですが、この参加者は10歳以下のみ。しかも参加賞もあり、それ以外にも10歳以下の子どもにはレストランでパンケーキが振る舞われます。ずるい、ずる過ぎです。係のお姉さんにクイズラリーに参加できるか聞いたらやっぱりダメでした。
大人はもらえない参加賞

と、いうことでまずは普通にユニバッケンを回ることに。ユニバッケンのメインアトラクションと言ってもいいのゴンドラに乗ってリンドグレーンのお話しの世界を巡るおとぎ列車(Sagotåget/サーゴトーゲット)。ナレーションはなんとアストリッド・リンドグレーン本人(スウェーデン語)によるもの。ちなみにナレーションは日本語も選ぶことが出来ます。これは撮影禁止なので写真はないですが、おススメです(乗車券は入場料に含まれます)。

このおとぎ列車に行く途中に色々な絵本の世界が広がるプレイランドが。おとぎ列車は列ができていることもあるのですが、待っている間も子どもたちがこの広場で遊べるようになっています。

ホットドッグスタンド

ムーミンのおうちもあります。


ムーミン家のリビング

そしてもちろん、ペットソンさんのお家も。

ペットソンさんの作業場も再現

この広場を抜けるとおとぎ列車の乗り場です。そして、おとぎ列車を降りるとそこは2階で長くつ下のピッピのおうち、ごたごた荘(Villa Villekulla)があり、愛馬リラ・グッベン(Lilla Gubben)もいます。

ピッピのキッチン

lilla gubben

このピッピの家から続く階段を下りると、レストランがあります。レストランのイメージはサーカス。この日はレストランにもフィンドゥスの飾りが。




テラス席も素敵です

わたしはパンケーキを。大人なのでタダで振る舞ってもらわなくても自分で買えます。

レストランの隣りにもプレイランドが。このスペースは年単位くらいでテーマが変わります。今はMonster & Mysterier。これも現代の児童文学みたいなのですが、わたしはよく知りませんが、スペース内に滑り台があったり、カフェがあって子どもたちは楽しそうに遊んでいました。


ここを抜けると本やグッズが売っているショップ。
ショップではフィンドゥスグッズだけでなく、色んな本のキャラクターグッズも。
絵本は全部持ってます、えっへん


フィンドゥスエコバッグ買わなかったことを後悔

アンナちゃんとわたしの大好きなトゥンメン

ピッピグッズ

ロッタちゃんのバムセのかご盛り

ムーミン


サイン会はここで行なわれます。実はスヴェン・ノルドクヴィストのサイン会は2回目。前回は『Findus flyttar ut』の出版記念の時。それもこのユニバッケンでした。
2012年 スヴェン・ノルドクヴィストさん

ペットソン&フィンドゥスの絵本はどれも大好きだけど、今回はその中でも1番好きな(でも1番は選べない!)『När Findus var liten och försvann(フィンドゥスが小さくていなくなっちゃった時)』の本にサインをして頂きました。彼の本が大好きなこととか、伝えたいけどシャイなのでそんなことできません。

スヴェン・ノルドクヴィストの絵本は絵も凝っていて、クスッと笑えるようなディテールを探すのも楽しみのひとつです。ペットソン&フィンドゥスシリーズは前作でもう最後、とのことですが、いつの日かまた新しいペットソンさんとフィンドゥスのお話しが読めることを期待しています。
ペットソンさん家に住む謎の生き物ムックラ

このユニバッケン、子ども向けの施設と思わず大人の方も是非、足をのばしてみてください。スウェーデンの絵本好きな方は絶対に楽しめると思います。


Junibacken
住所 Galärvarvsvägen 8, 115 21 Stockholm
入場料 大人145kr、子ども(2〜15歳)125kr
HP スウェーデン語/英語





FOLLOW US!


にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ